Z1101 学校教育職入門 リポート(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数323
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【設題】現代の「教師に求められる資質とは何か」についてまとめたうえで、あなたはどのような教師になりたいかについて述べて下さい。

    図書館で借りた参考資料、テキストを熟読し、わかりやすくまとめました。
    文部科学省のゆとり教育についても言及すると、なおよいかもしれません。
    あくまで参考資料としてご利用ください。

    評価所見(A)は、「学校教育職を目指すためにはどのような資質が求められるのかについて、詳細な考察が正確になされています。とりわけ、教師の資質に言及した中央教育審議会(1996)や教育職員養成審議会(1997)の各答申についても詳しく記されており、設題の趣旨が正確に把握され、大変よくまとまっています」でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【第1設題】現代の「教師に求められる資質とは何か」についてまとめたうえで、あなたはどのような教師になりたいかについて述べてください。
     中央教育審議会は1996年に「21世紀を展望した我が国の教育のあり方について」を発表し、これから求められる教員の資質・能力について、現代の学校教育の基本の目標である「子供たちに[生きる力]を育むこと」を実現するために、教員の資質・能力の向上が欠かせないと訴えた。この答申を受け、教員養成の在り方を審議していた教育職員養成審議会は、翌年、第1次答申「新たな時代に向けた教員養成の改善方策について」を発表し、その中で、教員に求められる資質能力を「いつの時代も教員に求められる資質能力」と「今後特に教員に求められる具体的資質能力」の2つに分けて整理し発表している。
     「いつの時代も教員に求められる資質能力」とは、専門的職業である「教職」に対する愛着、誇り、一体感に支えられた知識、技能等の総体であり、それは「素質」とは区別され後天的に形成可能なものであると理解されている。この一般的資質能力の上に、時代変化の激しい現代において、様々な諸問題に対応するためにも必要となっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。