Z1001 日本国憲法 リポート(A評価)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数351
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【設題】法の下の平等について

    司法試験の専門学校の参考書など様々な参考書を熟読し、重要な部分をわかりやすくまとめました。
    あくまで参考資料としてご利用ください。

    評価所見(A)は、「よく理解するべく努力されており結構かと存じます。」でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【第1設題】法の下の平等について
    平等原則を憲法上どのように規定するかは、国により時代により異なる。現代において、我々は差別されることなく生きていくことができるが、それが当然でない時代もあった。
    近代以前の人間社会は身分制をとる不平等な社会であり、至る所に差別があった。これに対峙したのが近代合理主義の精神である。合理主義の精神は、このような不合理な差別を否定し、あらゆる個人が人間としての尊厳を確保すべきこと、すべての人間に人間としての自由を保障すべきこと(形式的平等・機会の平等)を要請した。しかし、形式的平等の社会は、その平等に基づく自由競争の結果、現実的には、「勝者=強者」と「敗者=弱者」を生み、その関係を固定化し、再生産してしまい、実質的な不平等が定着してしまった。
    この実質的な不平等を是正しようとしたのが、現代のような社会国家の思想である。社会国家の思想は、弱者にも人間としての生存と自由を確保するために、社会連帯の考え方に基づき、国家が弱者を救済すること(実質的平等・結果の平等)を国家の課題として認める思想である。このように、自由と平等とは相反する側面も有しており、その調整が国家..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。