P6302 米文学史_第1設題・第2設題セット(ともにA評価)【最新版】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数529
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【第1設題】エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。
    【第2設題】ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ。

    図書館で数冊の参考資料を借り、熟読し、わかりやすくまとめました。
    第1設題・第2設題の評価所見(A)は、ともに「作品名を英語表記している点も良かったです」でした。

    あくまで参考資料としてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【第1設題】エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。
    【エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe, 1809-1849)】
    旅役者の子としてボストンに生まれ、3歳にならぬうちに孤児となった彼の40年間の短い人生は波乱万丈であったが、短編小説・詩を書く一方、雑誌の編集や批評活動など多分野にわたり活躍した意欲的な人物であった。彼の、作品を詩人としての側面と、短編作家としての側面、そして、評論家としての側面をわけて述べる。
     まず、詩人としての側面について述べる。彼の詩は様々な領域に及んでいるが、その唯一正当な領域が「美」であると考え、「美」は「義務や真実」とは依存関係を持たないという考えから、詩における教訓主義を正当な文学から排除している。また、詩の長さが「一気に読めるようなもの」でなくてはならないとして、詩については長大な叙事詩を時代遅れのものとし、小説については短時間で読める短編小説(物語)を良いものと考える。第一・二作は『タマレーンその他』(Tamarlane and Other Poems,1872)、『アル・アーラーフ、タマレーンほか小説編』(Al..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。