P6101 英米文学概論 科目最終試験 予想解答(6題)【80点合格済み】【改訂版】

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数1,227
ダウンロード数64
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    基本テキストで予想解答(6題)を作成しましたが、わかりにくい個所などは、図書館でかりた数冊の資料も参考にしました。

    また、この予想解答は私自身がこれを使って試験を受けた際に作ったもの(80点合格)をレポート返却(共にB評価)の所見を参考に若干修正を加えていますが、付け加えがあっても、削除した箇所はありません。
    どのような点に修正を加えたかを示すため、【予想解答作成にあたって】【予想解答の試験後の若干修正について】という項目も作成しました。
    なお、私が試験を受けた設題は、【フォークナー、ヘミングウェイ、スタインベック、ベロウ、サリンジャーについて述べなさい。】でしたが、予想解答の7割程度しかかけませんでしたが、合格できましたので適切にまとめられていると思います。より高得点を目指される方は、【予想解答の試験後の若干修正について】の項目で、レポートで指摘された評価ポイントも記載しておりますので、参考にしていただければと思います。

    あくまで参考資料としてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    P6101 英米文学概論 科目最終試験 予想解答(6題)
    シェイクスピアとミルトンについて述べなさい。なお、作家名や作品名は日本語表記でよい。なお、この問題は新テキスト『イギリス・アメリカ文学史:作家のこころ』で学習した内容に基づき解答すること。(1338文字)
    ウィリアム・シェイクスピアは、エリザベス女王即位(1558年)から6年目の1564年に生まれた。1594年から、宮内長官座と呼ばれる劇団の役者として舞台に立つと同時に脚本も書き始め、27歳の頃までには、ばら戦争を主題にした『ヘンリー6世』を主人公とする3部作を書き、評判となる。そんなシェイクスピアの名が広く一般に知られるようになったのは、『ヴィーナスとアドーニス』によってである。また、シェイクスピアの筆は、歴史の流れを下って、ヘンリー6世の殺害者で後にヘンリー7世に殺されて現王朝テューダー家実現の契機を作った人物を題材にした『リチャード3世』を作る。この作品は、彼が修業時代にマーロゥに影響を受けていたことをダイレクトに示す内容となっている。彼は、20年ばかりの作家生活の間に戯曲37編と詩を数編残したが、劇作家としての彼の作品は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。