子どもの保健Ⅰ アレルギー疾患について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数253
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    大阪芸術短期大学部通信教育部保育科、子どもの保健Ⅰリポート、H26年3月提出、評価:C

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     アレルギー疾患は子どもの病気で感染症に次に多いと言われている。アレルギーとは、かかるまでの経緯、対策を述べていきたい。
    乳幼児で見られるものがアトピー性皮膚炎、気管支喘息であり生活の変化により増えている。乳児ではアトピー性皮膚炎、幼児期から気管支喘息、アレルギー鼻炎と年齢と共に変化している。アレルギー性疾患が疑われると、それまでの経過が大事である。家族にアレルギーを持っている人がいるか、家庭にペットがいるか、食べ物との関係はどうかなど生活との関係を調べる。次にアレルギー検査をしてIgE抗体の数値が高ければアレルギーが認められる。
    アレルギー対策の基本は原因となる抗原を見つけだし。抗原を避けることである。ショックや呼吸困難など命に関わるアナフィラキシーショックが起こるようなアレルギー物質を避けなければならない場合もあることを覚えておかなければならない。もう一つは命に危険がない場合でできるだけ抗原を避けながら症状をやわらげる対症療法がある。
    食物アレルギー
    食物アレルギーは食物摂取で皮膚、消化器、呼吸器を中心に病状が出ることをいう。抗原となる食物は牛乳、小麦、卵、大豆、米がある。乳児では..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。