工作試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数207
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    大阪芸術短期大学通信教育部保育科、H25年12月受験、評価 良、3、4問出題、

    参考文献:保育雑誌「PriPri」、今井朗子、世界文化社
           HP「はたらく私もあそぶこどもももっと笑顔に WORMO」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    工作
    1、『一人ひとりの表現を見つける視点』を持つことの重要性について、乳幼児の立体空間やモノを操作製作する遊び(握る、つまむ、並べる、積み上げる、合わせる、はがす、破る、組み合わす、おる、貼り合わすなど)の活動例を使って述べよう。子ども達の具体的な活動の捉え方やその状況に対応する保育士、先生の態度などを考え、子どもに何が育つのかを想像しながら解説しよう。
    クリスマスツリーの壁面制作
    厚紙で三角にしてツリーに見立てる。三角を並べたり、つなげたりしたところにフラワーペーパーを詰めて、好きなツリーを作る。導入としてまず厚紙を三角の形にしてクリスマスツリーを作ることの言葉かけをしてイメージを膨らませる。そして『厚紙を何枚も使っても良いのでどんなツリーにしていくか考えてね』と言葉かけをして一人一人のツリーのイメージをするように促す。そうすれば子どもなりに三角を並べたり、つなげたり工夫するだろう。それができたらフラワーペーパーを用意して、三角の中に色の組み合わせを工夫するように言葉かけをする。三角ごとに色違いのフラワーペーパーを入れる子あるいは何色も組み合わせる子もいると考えられる。さらにツリー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。