【日大通信】西洋史概説 西洋史概論 分冊2【合格レポート】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数627
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信、西洋史概論・西洋史概説の分冊2のA判定合格レポートです。レポートを書く際の参考・資料等にお使い下さい。

    <問題>
    フランス革命について述べなさい。

    <本文>
     フランスの財政は宮廷の浪費や戦費、貴族達への年金などで支出が増え赤字を累積していた。そのような状況の中、ルイ16世は財政改革を試みたが、特権身分への課税と言う改革案を名士会に拒否され高等法院や貴族の反抗を招いた。彼らは..

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     フランスの財政は宮廷の浪費や戦費、貴族達への年金などで支出が増え赤字を累積して
    いた。そのような状況の中、ルイ16世は財政改革を試みたが、特権身分への課税と言う
    改革案を名士会に拒否され高等法院や貴族の反抗を招いた。彼らは特権身分の立ち場から
    王の絶対権を制限しようと全国三部会の招集を要求し国王は彼らの要求を承認した。三部
    会は1789年5月5日にヴェルサイユで開かれた。そこで、第三身分は議員の身分別のいか
    なる審議も拒否して特権身分と対立した。6月20日、第三身分議会は宮殿の球戯場に集ま
    り憲法を制定するまで解散しないことを宣言した(球戯場の誓い)。一方、パリでは市民
    の騒ぎが加熱していた。7月14日、群衆はバスティーユ監獄を襲撃した。バスティーユで
    の事件は革命に民衆が介入したというその象徴的意味や政治的影響力は大きかった。事件
    は地方にも波及し各都市で農民達が領主の館を襲撃するなどの騒動が頻発した。
     8月26日、国民議会は自由主義的貴族のラファイエットらが想起した17条からなる
    「人権宣言」を採択した。国王が8月の法令の裁可をおくらせパリの食糧事情が悪化した
    ことで、10月4..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。