【日大通信】英語学概説 分冊1【A判定合格レポート】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,340
ダウンロード数44
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大通信、英語学概説 分冊1のA判定合格レポートです。英語が苦手な方や英語がお得意でもレポートを作るのが苦手な方等、是非資料としてご利用ください。

    <問題>
    教材第8章を読み、会話の含意について、詳細に、体系的に論じなさい。 1教材に載っている例に加えて自分で考察した英語の例も提示すること。(下線を引く) 2参考文献から得た知見をレポートに反映させること。
    <本文>
     グライス(Grice)は、どのような発話行為であっても、聞き手は話し手が少なくとも4つの公理 にのっとって発話を行っていると仮定し、また期待していると述べ、こてを彼は協調の原則(会話 の原則)と呼んでいる。
    ・量の公理..

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <問題>
    教材第8章を読み、会話の含意について、詳細に、体系的に論じなさい。
    ①教材に載っている例に加えて自分で考察した英語の例も提示すること。(下線を引く)
    ②参考文献から得た知見をレポートに反映させること。
    <本文>
    グライス(Grice)は、どのような発話行為であっても、聞き手は話し手が少なくとも4つの公理
    にのっとって発話を行っていると仮定し、また期待していると述べ、これを彼は協調の原則(会話
    の原則)と呼んでいる。
    ・量の公理
    i)
    会話のやり取りの中で必要とされているだけの情報を提供せよ。
    ii)
    必要以上の情報を提供しないようにせよ
    ・質の公理
    i)偽と信じていることを言わないようにせよ。
    ii)十分な証拠のないことを言わないようにせよ。
    ・関係の公理
    関係を持つようにせよ
    ・態様の公理:はっきりと明確に言うようにせよ。
    i)わかりにくい表現を避けよ。
    ii)あいまいな言い方を避けよ。
    iii)
    簡潔な言い方をせよ。
    iv)
    順序だった言い方をせよ。
    つまり、会話の参加者は自分も相手も協調の原理を守っていることを前提として 発話し、相手
    の話を聞 く。しかし、実 際に行わ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。