S0105 教育心理学(第1設題) 2014 A評価レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数190
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    象徴機能の発生について説明せよ。説明にあたって具体的研究例も提示して下さい。また教育との関連で大切な点を説明しなさい。
    まず、乳児期から児童期に至るまで、認知発達の段階に沿って、「象徴機能はいつ頃から発生するのか」を述べる。また、「またその機能とはどのようなものか」について、数概念と文字の習得に至るまでの課程を述べたい。
     認知発達の段階としては、ピアジェの分類によれば、それぞれ①乳児期(感覚運動期)、②幼児期(前操作期)、③児童期(具体的操作期)、④青年期(形式的操作期)、という特徴がある。以下①~④の各段階について述べる。
     ①乳児期(感覚運動期)では、
    ②幼児期(前操作期)では、
    ③児童期(具体的操作期)では、
    ④青年期(形式的操作期)では、
    近年の脳科学の研究によると、乳幼児の言語獲得の本質は、一定の成長過程をとることにある。さらに不思議なのは、幼児期における脳の吸収力である。幼児は、1歳から6歳位の間に、毎日数語位のペースで新しい単語を覚えながら、同時に、複雑な文法を確実に習得して行く。幼児期の脳の不思議を支えるメカニズムは、ニューロンの成長・増殖と神経回路の再編成である(し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。