S0106 教育社会学(第1設題) 2014 A評価レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数163
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    合格レポート

    代表キーワード

    教育社会学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べて下さい
    まず、学歴社会とは、社会のおける社会的、職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを締める社会のことである。一方、高学歴社会とは、高学歴者の多い社会を意味する。すなわち、学歴社会と高学歴社会とでは、その意味するところが全く異なる。論理的には、「低学歴だが学歴社会」、あるいは「高学歴社会だが非学歴社会」ということもありうる。ここで重要なことは、学歴社会がただ単に教育を重視する社会ではないということである。
     現代社会において、教育とはすなわち公教育(小中高等学校、高等専門学校、短期大学、大学)と同一視して考えられがちである。しかし、実際には、教育とは、本来もっと広範囲で行われるものである。具体的には、家庭でのしつけ、地域社会における学習、地域でのクラブ活動、カルチャーセンターでの講義や公開講座、市民教育などまで、多様なものが含まれる。
     しかし、現代社会の特徴は、公教育のシステムが、他の領域の教育を次々と取り込んでいくところにある。人とものの流動性が高くなり、そのことが原因と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。