S0101 教育原論(第2設題) A評価レポート 2014

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数224
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    合格レポート

    代表キーワード

    教育原論

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ。
     イギリス経験主義の代表的な思想家であるロックは、『人間知性論』のなかで生得観念を否定し、人間の心は生まれた時は白紙状態(タブラ・ラサ)であると捉えている。ここに、ロックの教育思想が「子ども白紙説」と言われる理由がある。ロックは、感覚と反省をもたらす経験が、あらゆる知識の源泉であると考え、経験論の立場に立って、悟性と知識の関係について詳しく考察を行った。
    ロックの教育観は、幼年期からの教育的印象が人間に長くに渡る影響を与える、という楽観的なものである。その教育論の基本には、優れた訓練や練習による習慣形成がある。幼いころからの活動や活動衝動を活用して、そこに教育者による合理的かつ系統的な習慣づけが行われる。つまり、子どもの状態を好きな型に入れて形を与えられる密蝋のように、白紙状態をとみなし、能動的な知的活動と後天的教育を重視する考え方である。
    その対象は紳士教育である。紳士は(ジェントルマン)は、健全な身体と道徳、そして知識を持っているべきであると考える。子どもの教育においては、子どもに適切な訓練を行う必要性を説..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。