S0101 教育原論(第1設題) A評価レポート 2014

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数543
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。
     
     ペスタロッチーの教育原理は、有機的、発生的教育法と呼ばれるものである。そこでは、子どもの本性は白紙ではなく、真への認識、美の感情、善の力など、既に将来成長する能力を内側に備えていると考える。そのため、内的本性に備わってない物を外部から注入することではなく、教育者は、子どもの能力を自然に即した形で支援し、伸ばして行くことこそが重要となる。つまり、子どもの内的素質を重視するという点で有機的であり、また自発的な成長を促している点で発生的であると言える。
    ペスタロッチーの教育観は、ルソーの教育観と考えを同じくする部分が多い。ルソー以前は、子どもの本性を悪と捉え、そのうえで大人が行動様式や学問を強制的に教え込み、それによって児童の素質をよくできると考えられていた。しかし、ルソーは、それとは違い、子どものなかに将来発展する素質が備わっていることを認め、環境を整えることで、子どもが内側から自発的に成長することを促すことが大切という考え方をとる。ペスタロッチーも、こうした考え方共有している。
    ペスタロッチーの教育観は、「生活が陶冶する」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。