佛教大学 S0835 病弱虚弱児の心理・生理・病理

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数519
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定です。参考になれば幸いです。

    病弱・虚弱児の主な疾患について、生理・病理を簡単に説明し、医療と教育の連携を具体的に述べなさい。

    1.病弱・虚弱児の概念
      「病弱」という言葉は、医学的用語によるものではなく一般的用語で、病気のため体力などが弱っている状態を示す言葉である。「虚弱」も同様で、原因がはっきりしないが病気に対する抵抗力が低下しやすく体が弱い状態を示す言葉である。
      一般に、病弱とは、疾病が長期にわたるもの、あるいはわたる見込みのもので、その間は医療又は生活規制が必要である。そのため、病気が慢性のものを病弱とし、病状が重くても一過性のものは含まない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    病弱・虚弱児の主な疾患について、生理・病理を簡単に説明し、医療と教育の連携を具体的に述べなさい。
    1.病弱・虚弱児の概念
      「病弱」という言葉は、医学的用語によるものではなく一般的用語
    で、病気のため体力などが弱っている状態を示す言葉である。「虚弱」
    も同様で、原因がはっきりしないが病気に対する抵抗力が低下しやす
    く体が弱い状態を示す言葉である。
      一般に、病弱とは、疾病が長期にわたるもの、あるいはわたる見込
    みのもので、その間は医療又は生活規制が必要である。そのため、病
    気が慢性のものを病弱とし、病状が重くても一過性のものは含まない。
    2.病弱・虚弱に関する主な疾患・生理・病理等について
    (1)気管支喘息
      発作性に笛性喘鳴を伴う呼吸困難を繰り返す疾病。窒息状態に達する発作も起こすことがあり、心身の発育・発達に大きく影響する。
    原因としてはダニやハウスダスト等の呼吸抗原に対するアレルギー説が有力。治療は、気管支拡張薬による病状の軽減や消失、喘息発作の原因抗原や誘発因子の明確化とその除去、気道のアレルギー性炎症の抑制薬の服薬などがあげられる。
      配慮としては、発作が治まると健康..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。