佛教大学 S0831 障害教育総論

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数602
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    B判定です。参考になれば幸いです。
    1かつての「特殊教育」についてはどのような「現状認識」があったのか、そのような「現状認識」からどのような「基本的方向性」が示されたのか、そして「特別支援教育」とはどのように「定義」されているのか、について具体的に述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1かつての「特殊教育」についてはどのような「現状認識」があったのか、そのような「現状認識」からどのような「基本的方向性」が示されたのか、そして「特別支援教育」とはどのように「定義」されているのか、について具体的に述べよ。
    (1)「特殊教育」に関する「現状認識」
    ア 特殊教育諸学校もしくは特殊学級に在籍する又は通級による指導を受ける児童生徒の比率は近年増加していること。
    イ 対象児童生徒の量的拡大傾向とともに、障害種の多様化による質的な複雑化も進行していること。(重度・重複障害児の増加と通常学級におけるLD児、ADHD児等の指導も課題である。)
    ウ 特殊教育教諭免許状の保有率が特殊教育諸学校の教員の半数程度であるなど専門性が不十分な状況であること。
    エ 教育の方法論として、障害のある児童生徒一人ひとりの教育的ニーズを専門家や保護者の意見をもとに正確に把握し、自立や社会参加を支援するという考え方への転換が求められていること。
    オ 近年の厳しい財政事情を踏まえ、既存の人的・物的資源の配分について見直しを行い、地方分権にも配慮して新たな体制・システムの構築を図ること。
    (2)「現状認識」からの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。