佛教大学 S0832 知的障害児の心理

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数466
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定です。参考になれば幸いです。
    知的障害の定義、分類、原因、かかわり方について述べよ。

    1知的障害の定義
     知的障害という言葉は法律用語である。知的障害という名称を用いられる前は、精神医学の「精神薄弱」や「精神発達遅滞」と呼ばれていた。一般には「知恵遅れ」という表現が流布し、重度の知的障害を白痴、中度を痴愚、軽度を魯鈍と呼ばれていた。現在はこれらの表現は法律の中から姿を消している。
     現在の日本の法律に知的障害の定義を明確に定める条文はなく、法令によって説明がされている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    知的障害の定義、分類、原因、かかわり方について述べよ。
    1知的障害の定義
     知的障害という言葉は法律用語である。知的障害という名称を用いられる前は、精神医学の「精神薄弱」や「精神発達遅滞」と呼ばれていた。一般には「知恵遅れ」という表現が流布し、重度の知的障害を白痴、中度を痴愚、軽度を魯鈍と呼ばれていた。現在はこれらの表現は法律の中から姿を消している。
     現在の日本の法律に知的障害の定義を明確に定める条文はなく、法令によって説明がされている。
     学校教育法8章「特別支援教育」の72条に、「特別支援学校は、視覚障害者、聴覚障害者、知的障害者、肢体不自由又は病児弱者(中略)に対して、幼稚園、小学校、中学校又は高等学校に準ずる教育を施すとともに、障害による学習上又は生活上の困難を克服し、自立を図るために必要な知識技能を授けることを目的とする。」とある。これを受けて、学校教育法施行令の22条の3では、知的障害者について(1)「知的発達の遅滞があり、他人との意思疎通が困難で日常生活を営むのに頻繁に援助を必要とする程度のもの」、(2)「知的発達の前号に掲げる程度に達しないもののうち、社会生活への適応..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。