佛教大学 S0834 肢体不自由児の心理・生理・病理 第1設題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数294
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A判定です。参考になれば幸いです。

    「脳性麻痺の定義・分類・原因・かかわり方を述べよ」

    1、定義
    年齢の制限・非進行性・一過性ではないことの3つが特徴である。
    「受胎から新生児期(生後4週間以内)までの間に生じた大脳の非進行性病変に基づく永続的な、しかし変化しうる運動および姿勢の異常である。その症状は満2歳までに発限する。進行性疾患や一過性運動障害または将来正常化すると思われる運動発達遅延は除外する。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「脳性麻痺の定義・分類・原因・かかわり方を述べよ」
    1、定義
    年齢の制限・非進行性・一過性ではないことの3つが特徴である。
    「受胎から新生児期(生後4週間以内)までの間に生じた大脳の非進行性病変に基づく永続的な、しかし変化しうる運動および姿勢の異常である。その症状は満2歳までに発限する。進行性疾患や一過性運動障害または将来正常化すると思われる運動発達遅延は除外する。」
    2、分類
    病型分類として、けい縮型・アテトーゼ型・固縮型・失調型・混合型の5つに分類されている。
    ①けい縮型:手や足、特に足のふくらはぎの筋肉に強い緊張感がみられ、円滑な運動が妨げられているもの。
    ②アテトーゼ型:上肢、頸部、口などのコントロールがうまくいかず、本人の意図に反して不随運動が生じる。全体的にグニャグニャして低緊張のようにみえるが、弱いながらの筋緊張がある。
    ③固縮型:上肢や下肢を屈曲する場合に、鉛の管を屈曲するような抵抗感があり、四肢麻痺の状態が多い。
    ④失調型:平衡感覚の障害。身体各部の適応動作がうまくいかず、歩行ができるようになってもよろめいたり、危険と思える転び方をしたりすることがある。
    ⑤混合型:上..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。