<2015年~>明星大学(通信教育)教育学部 初等教育相談の基礎と方法(PB3100)2単位目合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数174
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学(通信教育)教育学部 初等教育相談の基礎と方法(PB3100) 2単位目 合格レポート

    ◎レポート課題:
    <1>発達障害のある子ども・発達障害を疑う気になる子どもの理解と教育現場における支援の方法に関して、一つの発達障害を取り上げ、発達的な観点から問題行動を捉えつつ、述べなさい。
    <2>教師として、「困った親」「障害をもつ、またはそれを疑う子どもを抱える親」とのつながりをどのように作っていけばよいかについて、どちらか一つ選んで述べなさい。

    ※2012年度~2014年度課題の場合、<1>のみ同じレポート課題です。
    ※2015~2016年度の場合、<1><2>とも同じレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学(通信教育)教育学部 初等教育相談の基礎と方法(
    PB3100
    ) 2単位目 合格レポート
    ◎使用テキスト:
    『教師のための初等教育相談~日常から子どもに向き合うインクルーシブな発達
    支援~』西本絹子著(萌文書林)
    ◎レポート課題:
    ①発達障害のある子ども・発達障害を疑う気になる子どもの理解と教育現場における支援の方法
    に関して、一つの発達障害を取り上げ、発達的な観点から問題行動を捉えつつ、述べなさい。
    ②教師として、「困った親」「障害をもつ、またはそれを疑う子どもを抱える親」とのつながりをどのよ
    うに作っていけいかについて、どちらか一つ選んべなさい。
    ① ここ、発達障害として
    ADH..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。