<2012~2016年>明星大学(通信教育)教育学部 教職入門(PA1040)1・2単位目 合格レポート

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数302
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学(通信教育)教育学部 教職入門(PA1040) 1~2単位目の合格レポートです。
    使用テキスト:第2版 教師論(森下恭光編著)明星大学出版部

    ◎課題
    <1単位目>
    1.教員養成の歴史について論述せよ。
    2.教職の専門性について論述せよ。
    <2単位目>
    1.現代の教員に求められるものについて論述せよ。
    2.教職者に求められる教育愛について論述せよ。


    (※)2012~2013年課題は、「教職者に求められる教育愛について論述」
    となっており、2014年以降は「教職者に求められる教育愛と権威について論述」となっています。

    そのため、1単位目・2単位目をまとめて出しております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学(通信教育)教育学部 
    教職入門

    PA10
    4
    0
    ) 

    単位目 合格レポート
    使用テキスト:
    第2版 教師論

    森下恭光編著
    )明星大学出版部

    成績 合格

    講評 丁寧に調べ、分かりやすくまとまっています。

    課題 1.教員養成の歴史について論述せよ。
         
     
    2.教職の専門性について論述せよ。

    レポート本文
    1 教員養成の歴史は明治5年の「学制」の制定に始まる。国の責任の下で国民教育を目指し、教員養成
    学校を師範学校とすることを定めた。給費制と就労義務、徴兵の免除がこの制度の特徴である。翌年に
    は「小学校教師心が制定さ教師は学教えるだはなく、のにいたるまで教導
    し、のとなるべきである、と。
     明治19年には「師範学校がさ。学費を公費による制度を
    こと、を10年とし、をたなどの特徴がある。でして、教員の
    度を育てることなが、的なら小実ことが指れた。また、教員は・
    をつべきだとさ。ならのは、明治30年に制定され
    た「師範教育からである。
     からのまでは、師範教育の制度やが大きくした。大4年ので、
    をに指定した。12年には「師範学校ニで、師範学校はの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。