デザイン学部レポート”券売機~その歴史と身近な券売機の問題点に関する考察~”

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数58
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    券売機の歴史とデザインに関するレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    券売機~その歴史と身近な券売機の問題点に関する考察~
    学籍番号 氏名
    1.
     はじめに
     現在,駅の券売機は様々な機能を有している.券売機は,近距離切符の購入はもちろん,
    IC
    カードのチャー
    ジ,予約していた切符や指定席券の購入など,利用者のニーズに応じて様々な役割を担っている.かつての券
    売機と比べると便利になったのは確かであるが,それは本当に誰もが使いやすいものなのだろうか.本レポート
    では,券売機の歴史を振り返り,身近な券売機の問題点と改善点について考察したい.
    2.
     券売機の歴史
     
    鉄道の券売機が日本で初めて登場したのは,
    1925
    年頃と言われている.手動のレバー方式であり,予め印刷
    された硬券で入場券を販売するものであった.
     戦後,券売機は電動式へと変わる.最初は1種類の硬貨を投入して1種類の切符しか購入できないものであっ
    た.
    1960
    年に入ると,切符を購入する際にに印刷する方式となった.また,指定席券の予約システムが導
    入され,これに近距離プは券売機でされるようになる.
     
    1968
    年,コンコースにされたスタンドら,券売機コーナーができ,はめとなっ
    た.この..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。