<2012~2016年>明星大学 通信教育 教育学部 人材教育論(PA2100) 1単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数185
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学(通信教育)人材教育論(PB2100) 1単位目 合格レポート
    ○使用テキスト:「人材開発マネジメントブック」福澤英弘著(日本経済新聞出版社)
    ○レポート課題:
    (1)日本企業が人事分野において急速に変化を遂げた要因を説明し、産業社会で働く意味と今後の人材開発
    の方向性を論じなさい。
    (2)日本の産業社会の変化の特徴を整理し、それに対応した人材開発のための「学習モデル」のあり方を論じ
    なさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学(通信教育)
    人材教育論

    PB2100
    ) 

    単位目 合格レポート
    ○使用テキスト:「
    人材開発マネジメントブック
    」福澤
    英弘
    著(
    日本経済新聞出版社

    ○レポート課題:
    (1)
    日本企業が人事分野において急速に変化を遂げた要因を説明し、産業社会で働く意味と今後の人材開発
    の方向性を論じなさい。
    (2)
    日本の産業社会の変化の特徴を整理し、それに対応した人材開発のための「学習モデル」のあり方を論じ
    なさい。
    ○レポート本文
    1.「人」という資源は、ものどにはない特特徴を。ま人は資源をす力
    になる。また、人は育てることのできる資源でもある。さらに、人はを。て人とをマネジメ
    ントする、される人にするがある。
     人は育てることができる。しかし、にするのはいため、マネジメントは大きな変化が起
    こりにくいである。そこで、人を資源としてようという「
    HRM
    」発れた。
     
    HRM
    がされる

    人のマネジメント


    PM
    」をていた。大きな変化は、

    人を「コスト」と
    ていたが、「源」とるよう
    になった
    ことだ。人は教育あり方で企業にとってにな資源になりうる,という発だ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。