<2012~2016年課題>明星大学 通信教育 教育学部 初等音楽科教育法(PB3030) 1単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数401
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学(通信教育)初等音楽科教育法(PB3030) 1単位目 合格レポートです。

    ○使用テキスト:「初等音楽科教育法」阪井恵・有本真紀著(明星大学出版部)
    ○レポート課題:「共通歌唱教材」とはどのようなものですか。①定義②指導計画に組み込むときの注意点
    以上2点をまとめよ。また教科書P36の表を写せ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学(通信教育)初等音楽科教育法(
    PB3030
    ) 1単位目 合格レポート
    ○使用テキスト:「初等音楽科教育法」阪井恵・有本真紀著(明星大学出版部)
    ○レポート課題:「共通歌唱教材」とはどのようなものですか。①定義②指導計画に組み込むときの注意点
    以上2点をまとめよ。また教科書
    P36
    の表を写せ。
    1.歌唱共通教材の定義
     歌唱共通教材は、現行の学習指導要領において各学年に4曲ずつ定められている歌唱教材である。これら
    の曲は、第1学年から第4学年までは4曲全てを、第5学年及び第6学年では4曲中3曲を教材として指導する
    ことけられている。
     歌唱共通教材に指定されている唱歌のんどが『唱歌』と『唱歌』から取り上れ
    ている。歌は、明治
    43
    年からされた『読
    本唱歌』『唱歌』にされたものを
    いう。これらは、はもたちのにれており、音ヨナ音し
    た、唱歌のスタイルである。
     これらの歌唱共通教材は、
    33
    年に「歌曲本からにまれてきたもの

    しかもとな、としよりとともに楽しえるなつかしいもの」というでれ、初め
    てした。この「歌唱共通教材」と「共通教材」り、学年に指導計画に組み込み歌ったり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。