<2014~2016年課題>明星大学(通信教育)教育学部 初等国語科教育法(PB2110) 1単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,348
ダウンロード数84
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    初等国語科教育法、2014~2016年の課題です。
    2013年までは「ごんぎつね」の指導案作成が課題だったようですが、2014年以降は説明文教材の「『かむ』ことの力」に変更となっています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ★明星大学 通信教育 教育学部  初等国語科教育法(
    PB2110
    ) 1単位目 合格レポート
    ○使用テキスト:初等国語科教育法(長谷川清之
    :明星大学出版部

    ○成績 合格
    ◯講評 事例を捉え計画しています。言語情報を操作・処理する力を育てることが中心となる学習です。
    加えて、情報についての認識を深めたいです。この種子を計画で具現化しています。
    授業についての授業者の説明責任を果たしています。

    課題 説明文教材「『かむ』ことの力」金田洌文の学習指導案を作成しましょう。
    ○レポート本文
    第4学国語科学習指導案 指導者 ◯◯()
    1.単 のつながりにてう(教材名「かむ」ことの力)
    2.単目標
     文見るとともに、ののありついておそうとする。との
    りを、文の大きなまとまりのを捉え、まとまりのを理る。文ついて、の
    を理る。
    3.評準
    国語・・
    言語についての・理
    評準
    文を的にうと
    するとともに、の
    のありそうと
    している。
    とりにし
    て、大きなまとまりと関
    、文におけるを理
    ている。
    文において、の役
    理ている。
    4.単理由
     かむ」ことがしていることなど、んどないだろう。本単、を理る..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。