<2013~2016年課題>明星大学(通信教育)教育学部 統計学2(WL1060) 1~2単位目 合格レポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数762
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    共通科目の統計学レポートです。
    2014年課題は大問1が2013年と重複しています。
    2015年課題及び2016年課題は、1単位目は2013年度(レポート内容)と同じ、2単位目は大問1のみ同じです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学(通信教育)教育学部 統計学2(
    WL1060
    ) 1単位目 合格レポート
    使用テキスト:やってみよう統計(野田一雄・三浦大來共著) 共立出版
    ○成績 合格
    ○講評 仮説検定の考え方をよく理解しています。
    ○課題 1. 東京都で統一テストを実施したところ、平均51点、標準偏差10点になる結果を得た

            テストに参加した明星大学生41人を無作為抽出して、その平均を調べたら54点で
            あった。都平均と明星大学との異同を有意水準(危険率)5%で検定せよ。
     2.日野地155人のは通りであった。
    153,155,158,161,159
       日野地平均は
    159
    とるか。有意水準(危険率)5%で検定せよ。
    1.
    μ0

    51

    σ

    10
    、n=
    41

    x
    =54
     より、

    x

    μ0

    54-51


    3
    1.96
    σ

    n
    =
    1.96
    ×
    10

    41
       =
    3.24
    3

    3.24
    より、有意水準
    5
    %で仮説
    μ0

    51
    はされない。
    よって、都平均と明星大学平均は、同じと考えて差しない。
    2.
    x
    =
    1
    5..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。