<2014~2016年課題>明星大学(通信教育)教育学部 発達障害論(PA2130) 2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数259
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ※2014年度課題では1単位目がこの課題でしたが、2015年以降は2単位目が本課題となっています。

    使用テキスト:改訂版 障害児者の教育と生涯発達支援(梅永雄二・島田博祐編著)北樹出版
    ○成績 合格
    ○講評 AD/HD・読字障害について、教科書の内容をコンパクトにまとめてあります。
    ○課題 A.注意欠陥多動性障害、及びB.読字障害において、(1)診断する上で注意すべきこと(2)その児童に適切に対応し有効な支援をする上で気をつけることについて論じなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学(通信教育)教育学部 
    発達障害論

    PA
    2130
    ) 

    単位目 合格レポート
    使用テキスト:
    改訂版 障害児者の教育と生涯発達支援

    梅永雄二・島田博祐編著

    北樹
    出版
    ○成績 合格
    ○講評 
    AD/HD
    ・読字障害について、教科書の内容をコンパクトにまとめてあります。
    AD/HD
    の行動特性
         に合わせた支援について、よく考えましょう。認知の偏りに合った指導方法、強い部分をさらに伸
         ばす方法、視覚優位の場合の指導方法等、読字障害のと支援について、よく考えています。
         このでりましょう。
    ○ 
    A.
    性障害、
    読字障害にて、(1)すですこと(2..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。