日大通信 【25・26年度】 労働経済論 0763 分冊1 -合格レポート-

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数260
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    *あくまでも参考としてお使いください。

    【課題】
    雇用形態の多様化がもたらす主要な格差問題を論ぜよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    雇用形態の多様化がもたらす主要な格差問題を論ぜよ。
    〈ポイント〉
    格差には、合理的な格差と不合理な格差の両極があると言われている。直ちに違法とまでは言えないが、不合理な格差が雇用形態の違いから生じる可能性がある。それら雇用形態の多様化からくる様々な格差問題の実態を示し、その原因を探ることが課題の要点である。
    〈キーワード〉
    雇用形態、女性労働、高齢者雇用、所得、雇用条件
     近年、非正社員や派遣社員・パート・アルバイトなどの正規雇用以外の雇用形態が増加している。戦後の日本の産業構造の推移をみてみると、第一次産業の衰退、第二次産業の減退、そして第三次産業の拡大がありそれが雇用形態変化の一つの主要な要因になっている。経済活動のサービス化が日本に定着して久しく、現在では産業就業構造の70%以上が第三次産業がに従事する。それに伴い女性の社会進出も顕著になってきている。またグローバリゼーションによる国際競争の激化に対応し、日本企業は急激な構造改革を余儀なくされているのも事実であり、人件費の削減や容易な雇用の調整を理由に非正社員の採用が一般化してきている。その就業形態の変化に伴いそこから派生する様々..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。