日大通信 【25・26年度】 国際経済論 0737 分冊2 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数364
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    あくまでも参考までにお使いください。

    【課題①】
    財政・金融政策の経済効果について、IS-LM-BP曲線あるいはAA-DD曲線を用いて説明せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【課題①】財政・金融政策の経済効果について、IS-LM-BP曲線あるいはAA-DD曲線を用いて説明せよ。
     財政・金融政策の経済効果についてIS-LM 曲線と同様、DD-AA曲線を用いてその効果を分析することができる。
     国際収支の理論と政策研究モデルの一つであるDD – AA曲線は、外国為替相場と国民総所得を用いて財市場と貨幣市場の同時均衡を分析するもので、縦軸に名目為替相場(e )をとり、横軸に国民所得水準(Y) をとり、DD曲線とAA曲線の交点を求め、そこで均衡為替相場と均衡国民所得が決定される(図1)。
     外国為替相場と総需要の関係を表したDD曲線と、貨幣需要と金利平衡を関係を表したAA曲線は、結果的には、IS-LM曲線と一見、同じよにうに見えるが、縦軸に利子率(i)の代わりに為替相場(e)をとるところに違いがある。
     ところで、DD-AA曲線の交点が導出されても、完全雇用が成立しているとは限らず、その均衡GDPを増大させ、雇用を増やす必要がでてくる場合があり、その時、政府の経済政策として財政政策・金融政策が決行される。新たな均衡の調整は、基本的には、その量的変化という操作のし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。