日大通信 【25・26年度】 労働経済論 0763 分冊2 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数155
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    あくまで参考としてお使いください。

    【課題】 日本の労働時間問題は、時間外労働を中心に構造的な問題として現れている。それがどのようにして現れているか実態を示し、その背景の労働時間規制の問題があることを明らかにせよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の労働時間問題は、時間外労働を中心に構造的な問題として現れている。それがどのように現れているか実態を示し、その背景に労働時間規制の問題があることを明らかにせよ。
    〈ポイント〉
    日本の長時間労働の実態を明らかにし、労働基準法の規制効果を検証すること。
    〈キーワード〉
    時間外労働、サービス残業、過労死、労使協定、弾力化
     日本の平均的な労働時間は改善されてはきているが、国際的に比較してみるとまだまだ長い。一般に残業と呼ばれる所定外労働時間の長さと、年次有給休暇の未消化により労働が長時間化しているのが現状である。世界トップクラスの国民所得に見合った幸福感を感じる日本人は少ない。職場からのプレッシャーなど、社会的要因が大きく影響する日本の労働環境での長時間労働問題をこれから検証していきたい。
     現在日本では、1987年の労働基準法の改正(1988年施行)により、週所定労働時間が40時間以下というガイドラインが制定され、週休2日制の実施が可能となった。しかし、厚生労働省の2013年就労条件総合調査の概況をみてみると、実際に完全週休2日制が施行されている企業は全体の46%となっていて、増加傾向..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。