「法学」試験解答例・日本人の法意識について説明しなさい他

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数355
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「法学」試験対策用・解答例
    評価:優
    文字数:3,165

    ・日本人の法意識について説明しなさい。
    ・法の目的について説明しなさい。
    ・わが国における法源について説明しなさい。
    ・刑罰の目的に関する諸学説について説明しなさい。
    ・権利能力、行為能力について説明しなさい。
    ・不法行為と損が賠償性人について説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本人の法意識について説明しなさい。
     日本人は訴訟嫌いと言われている。その理由として、日本人には伝統的に権利の観念が欠けているからではないかという学説が以前は受け入れられていた。しかし、現在、国民の権利意識は従来に比べて格段に高くなっていると思われ、訴訟も数多く提起されている。このことから、訴訟嫌いの本来の原因は、日本人の性格や、訴訟にかかる時間とお金に関係していると考えられる。訴訟を起こして裁判で黒白を明らかにするということは、日本人の法意識にとって、相手方に対する公然たる挑戦であり、喧嘩を吹っ掛けることを意味する。これは、物事の明確化を避け、柔軟に円満な解決を求める性格の日本人に論理的厳密さがある訴訟は合わないということである。そのため、訴訟よりも、当事者が話し合い、相互の譲歩によって解決へと導く民事調停の利用度は高い傾向にある。裁判には申立手数料や弁護士費用などの諸費用がかかる上に、裁判審理が間隔を空けて行われるために時間がかかる。また、裁判で既存の法定基準を適用しようとすると、立証が困難な紛争もあるため、そのような場合は調停が適している。日本人の権利意識は西洋諸国民ほどまだ強..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。