児童・進路指導論 1単位+2単位レポート

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数268
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育教育学部「児童・進路指導論」1単位目と2単位目(2011年度配本/2013年度課題)の2つのレポートが載せてあります。
    1単位目課題
    学級における児童同士、児童と教師の人間関係づくりと「自己指導能力」の関係について述べなさい。それを踏まえて、担任としてどのような点に気を付け、学級経営を行えばよいか考えをまとめなさい。
    2単位目課題
    次の項目の内から一つを選択し、児童に対する指導について述べなさい。
     ①非社会的行動
    ②反社会的行動
    ③基本的生活習慣の育成
          (②反社会的行動を選択)

    成績:合格(再提出なし)
    評価:
    1、2単位とも高評価のコメントが書かれていました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育 教育学部 (配本年度2011年度~/2013年度課題)
    児童・進路指導論(PB3090)1単位目+2単位目合格レポート
    [1単位目]レポート字数1975文字
    〇課題1 学級における児童同士、児童と教師の人間関係づくりと「自己指導能力」の関係について述べなさい。それを踏まえて、担任としてどのような点に気を付け、学級経営を行えばよいか考えをまとめなさい。
    ○評価 落ち着いた生活の中で、主体的に活躍する子どもたちが目に浮かぶ論文である。
    〈1単位目〉
     生徒指導とは、一人一人の生徒児童の人格を尊重し、個性の伸長を図りながら、社会的資質や行動力を高めることを目指して行われる教育活動である。つまり、人格の完成と社会の形成者の2つの目標を掲げた教育活動なのである。そして、これらの目標を掲げる生徒指導において、一人一人の児童生徒の健全な成長を促し、児童生徒ら自ら現在及び将来における自己実現が重要となる。自己実現は、日常の学校生活の場面における様々な自己選択や自己決定により獲得することができる。しかし、自己選択や自己決定が自己実現に直結するわけではない。自ら選択し、考え、判断し、実行..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。