初等教育方法学 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数305
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育教育学部「教育方法論1単位目」2013年度課題(2011年度から配本)です。
    課題1 系統学習と問題解決学習の長所・短所を整理し、比較検討しなさい。
    課題2 次の語について、それぞれ調べなさい。
         (1)情報活用能力(2)絶対評価(3)生きる力
    成績 合格(再提出なし)
    評価 課題1:比較検討という視点を大切に考察できた。さらに理念などを深めるとより良いレポートになるでしょう。
        課題2:とてもよく調べてあり、要約も充実しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育 教育学部 (配本年度2011年度~/2013年度課題)
    教育方法論(PB2160)1単位目合格レポート
    〇課題1 系統学習と問題解決学習の長所・短所を比較検討しなさい。
    〇課題2 次の語についてそれぞれ調べなさい。
         (1)情報活用能力(2)絶対評価
    (3)生きる力
    〈課題1〉
    1 学習方法の選択は授業の方向性を左右する。今回は学習方法の基本である「系統学習」と「問題解決学習」の長所と短所を比較し、学習方法について理解を深めたい。そして、比較したうえで浮かび上がった問題点について考えていきたい。
    「系統学習」は人類が培ってきた文化遺産や知識を教師が学習者に伝達していく方式であり、教科中心(教師中心)主義と言える。この方式の長所は短時間で多くの情報を子どもに伝達し、共通の学力を形成できる点である。そのため、一斉学習の授業に適している。また、教科書などに学習者に適した題材、配列が系統的に示されているため、題材の選択や授業計画を容易に行うことができる。しかし、知識偏重傾向であるために、学習者の思考力や物事を追求する意欲などの課題を解決する実践力の育成に向いていない点..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。