初等体育科教育法 2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数166
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初等体育科教育法 2
    小学校 第5学年「体育科」 単元指導計画
    平成○○年○○月○○日(○) 第3校時
    ○○市立○○小学校  第5学年2組
    男子 ○○名  女子 ○○名 計○○名
    指導者 ○○ ○○ ㊞
    1 単元名  ハードル走
    2 単元の目標
    ・ハードル走の楽しさや記録に挑戦する楽しさや喜びを味わい,互いに協力して運動したり,安全に気を付けて運動したりしようとする。(関心・意欲・態度)
    ・自分の能力に合った場を選び,目標タイムを更新できるように,練習の仕方を工夫している。(思考・判断)
    ・ハードルをリズミカルに超えて、ハードルを,リズミカルに越える技能を身に付け,距離やルールを決めて競走したり,自己の記録の伸びや目標とする記録の到達を目指したりできる。(運動の技能)
    3 単元の評価基準
    (運動への関心・意欲・態度)
    ・ハードル走の楽しさや記録に挑戦しようとする態度を積極的に持っているか。
    ・互いに協力し合って、ハードル走を行えているか。
    ・運動する場の安全に気を付けているか。
    (運動についての思考・判断)
    ・自分の能力に合ったハードルを選び、自己の目標更新できるように、練習の仕方を工..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。