初等音楽科教育法 2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数94
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初等音楽科教育法 2
     2年生に「春がきた」を指導する際に、15分の時間を使って以下の事を指導する。ひとつは発声の使い方であり、もうひとつは声に表情を付ける指導を行うことである。
    では、本レポートを授業形式でまとめていくことにする。
     2月も終わりが近づいた音楽室。2年生の音楽の授業が行われている。
     授業は終盤に近づき、先週から学習し始めた曲を歌うことになった。学習指導要領の「歌唱共通教材」にある2年生の曲目の『春がきた』。この曲については、子どももメロディーを学習する前から、聴いたことや幼稚園などで歌った経験もあり、なじみのある曲目である。しかし、この曲は終盤につれて、高くなるパートがあり、比較的普段の話し声で高音が出る児童でも、このパートを歌いこなすことは難しい。
    「発声の使い方」
    10:00 
    教諭:「(児童に向かって)それでは『春がきた』を聴くことにします。みんながこれから歌を歌うときに出す音をよく聴いてください」
     教諭は、最後の「♪山にきた-里にきた-野にもきた-」と盛り上がっていくところの音を良く聴くように児童へ指示した。特に「♪野にもきた-」の部分については、普段の児..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。