教育行政学1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数467
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    B評定でした。
    必要なことは述べられていますが、構成にも注意して述べましょう。
    との所見でした。
    参考にどうぞ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題 (A4)3,200字 (横書き) 
     「教育行政の一般行政からの独立」について論じなさい。(教育委員会制度についても言及すること)
     教育行政とは、教育の条件整備をその本質として、学校の設置、教職員の配置、教育課程、施設・設備など教育の目的を遂行するために必要な条件を整備する営みである。教育行政機関は、教育政策を実現するための基準の設定、教育施設等の設置、維持、管理及び教育・学術・文化活動等の機能を果たすことによって、教育に関する諸条件の整備を行なうこととされている。
    第二次大戦後の日本における教育行政は、教育行政の民主化、地方分権化、一般行政との機能的分離を目指して組織され、運営されてきた。中央教育行政においては、文部科学省が直接教育行政を担当する機関とするが、内閣も教育行政に寄与する。地方教育行政では、地方公共団体の長にも、一定の権限(大学・短期大学・高等専門学校・専門学校・各種学校の設置運営や高等学校以下の私立学校の認可等)を付与されているが、主たる機関は教育委員会である。
     日本の教育行政の基本原理の一つである地方自治は、教育行政の民主化、地方分権化、一般行政からの独..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。