方法学2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数240
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    B評価でした。
    所見:あなた自身の教育技術や判断力をどのように表現すると、共有することができるでしょうか

    所見に合わせて、レポートを参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2設題
     知識基盤社会において、教師が経験に基づきながら、自らの教育技術や判断力を高めるための効果的なICTの活用方法を考えなさい。とくに、教育の情報化や育成すべき人材像をふまえて、必要とされる教師力の視点から具体的に説明せよ。
     21世紀は情報技術が発達し、知識基盤社会と言われている。知識基盤社会とは、平成17年の中央教育審議会の答申において「我が国の高等教育の将来像」で示された用語である。これは、新しい知識、情報、技術が政治、経済、文化をはじめ社会のあらゆる領域での活動の基盤として飛躍的に重要性を増す社会であると定義している。知識基盤社会の特質としては、①知識には国境がなく、グローバル化が一層進む、②知識は日進月歩であり、競争と技術革新が絶え間なく生まれる、③知識の進展は旧来のパラダイムの転換を伴うことが多く、幅広い知識と柔軟な思考力に基づく判断が一層重要になる、④性別や年齢を問わず参画することが促進される、があげられている。
    つまり、これからの社会は知識基盤社会であり、その知識基盤社会で求められている人材とは、イノベーションを絶え間なく創造できる人材であると言える。よって教師の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。