心理学2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数201
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    A評定いただきました。
    所見:適応理解に必要な各項目についてまとめがよい

    所見に合わせて、レポートを参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2設題
     適応・不適応の心理的機制、またそれらからひき起こされる特徴的行動について説明せよ。
     まずは適応と不適応とはどういった状態かを説明する。
    ≪適応≫
    適応とは、自分自身と生活環境や自然との調和・共存的関係性の成立と、その維持された状態を言う。例えば、対人関係、会社や学校などの組織、家庭などから発生するいろいろな問題に対して、個人的な自分自身が適切・有効な対応または働きかけを行うことが出来、その生活環境からも肯定的に評価される。また、自分自身も、安心・満足・快活的な情緒間が持てている状態を言う。
    ≪不適応≫
    不適応とは、自分自身と生活環境または自然環境との不調和的関係性の出現、「不快・不安・不満」が、そのまま維持された状態を言う。例えば、生活環境・自然環境から発生する各種の刺激的・衝撃的な問題の発生と適応の欲求に対して、適切・有効な対応または働きかけが出来ないために、生活環境・自然環境との関係性が否定的に評価されてしまい、自分自身も、「不快・不安・不満」的な情緒感に支配されている情緒不安定状態を言う。不適応に陥ってしまった情緒感を解消するための意識活動や行動を適応機制と呼ぶ。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。