家庭科概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数203
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年提出。
    食生活と栄養バランスの問題解決の内容です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題:自分自身の生活のなかで改善の必要を感じる課題を1(または2)点取り上げ、どのように改善すればよいかについて、テキスト(文献)から学習したことを記述しなさい。また、改善を実行・実践した上で考えたことを述べなさい。
    学びを得たページ:貴田康乃「教科専門家庭」佛教大学pp90-122、pp125-126
     大阪に移り住んで約半年。一人暮らしをする中で食事はおいしさや栄養バランスを考えて取るものではなく、生命維持のために取るものとなっていた。子どもの頃は栄養バランスを考えた食事を親が出してくれていたが、一人暮らしとなった今は自分で栄養バランスを考え、買い物・調理をしなくてはならない。しかし、現実は手軽に取れる好きな食品ばかりを繰り返し食べている日々である。そのような生活を続けていたため、最近はお肌の調子が悪くなり、便秘や冷え症といった症状が出てきた。
     よって私の生活の中で改善の必要な「栄養バランスのとれた食事の取り方」を課題として、テキストから改善方法を学び本論へ記述した。
     まずは現状の問題点は大きく以下の4点である。
    ・炊飯器がないため、主食は8割以上を食パンがしめる。
    ・一人暮ら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。