スポーツ論入門

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数389
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2014年提出。
    Z1002のスポーツ論入門です。
    自己のスポーツ体験はスキーで書いています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題:自己のスポーツ(身体運動)体験を通して獲得したもの、現在、獲得しようとしているものを具体的に記述しなさい。
    健康については、WHO(世界保健機構)の憲章では「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。」と定義されています。
    健康は、単に体を動かせるから健康だというのではなく、精神面での健康も大切であるというWHOの定義において、学生時代にどれだけ運動をし、肉体的だけでなく、精神面での成長をするかがその後の人生に大きく関わってくるのではないだろうか。また小学校体育科の目標としての「運動に親しむ資質や能力の育成」、「健康の保持増進」、「体力の向上」の面からも、今までの運動の経験を通して獲得したもの、現在、獲得しようとしているものを具体的に述べていく。
     私は北海道出身の為、小さい頃から冬はスキーをしてきた。小学校に入ると毎年スキー授業があり、休みの日には友達同士でスキーに行くなど冬の恒例行事としてスキーを経験してきた。
    スキーは勿論他の運動同様体を使い筋肉やバランス感覚を育む運動..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。