教育の方法技術論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数81
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育の方法・技術論
    <問題>
    「よい授業」を作るとはどういうことか、教育方法上の多くの観点から考え、論述しなさい。
    <ポイント>
    教育方法の歴史や、今日行われている授業の工夫など総合的にまとめることが重要である。テキストの一部分のみを参照するのでなく、「よい授業」をトータルに考察しなさい。
    <キーワード>
    教授理論、カリキュラム、学習集団、教材研究、教育評価
    <参考文献>
    「教育方法の探究」天野正輝、「教育の方法と技術」沼野一男、「教育評価」梶田叡一
     「よい授業」を作るということは、教師自らが授業の意味、目的を深く考えることであると思われる。与えられたものを淡々とこなすだけの教師は与えられたもの以上のことをすることはできないし、何より生徒に与える影響は一律のものとなってしまう。教師が自分の経験、人格を最大限生かしながら授業を考え、実行していくこと、これこそが「よい授業」をつくるということであろう。では具体的にどのような点を教師は考えていくべきなのか、様々な観点から考察を加えてみたいと思う。
     始めに授業の形態を考えてみる。授業形態はさまざまなものがあるが、大別すると三形態に分類できる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。