保険体育講義1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数208
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大 保健体育講義Ⅰ(0074)分冊1 H27年3/31まで対応!
    課題:我々を取り巻く環境のうち「物理的環境」と「化学的環境」とは何かについてまず説明しなさい。
    参考にしたホームページアドレス
    ・公益社団法人 日本下水道協会
    ・環境省
    私が合格したレポートですが、合格を保証するものではございませんので、丸写し、コピーではなく参考程度にご活用ください。また、ノークレーム自己責任でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     我々を取り巻く生活環境において、関わりが深く向き合って行かなければならない代表的な因子として、空気、光、音、熱、放射線などからなる『物理的環境』とガス、蒸気、粉塵、溶剤、金属などからなる『化学的環境』があげられる。どちらの環境も現代社会において自然との共存、健康維持また社会の形成や発展にとって重要な環境因子である。物理的環境とは自然が与えてくれていて、かつ人類が生存して行く上で必要なものであり、生活して行く上で生み出されている物理的なものである。化学的環境は物理的環境の成分として存在し、我々が生活する現代社会で必然的に発生する化学的な物質である。生活環境の中で様々な因子が人間社会において善くも悪くも我々の健康と環境に大きな影響を与えるのは宿命であり、より良い生活環境を創造する為には物理的環境と化学的環境が上手にかみ合う事がとても重要な事である。
     物理的環境には空気(気温、気湿、気流、気圧、輻射熱、日照、降水量などの気候要素)、低温環境と高温環境、光や音といった要素があるが、化学的環境においても類似する要素の一つとして『空気・ガス』があげられる。現代社会においては産業の発展で日々新し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。