佛教大学科目最終試験対策 教育原論【S0101】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数322
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    4設題分掲載し、重要箇所だけ端的にまとめて試験対策が容易にできるようにしております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ・ポール・ラングランの生涯教育論の意義と、それ以降の生涯教育の歴史的変換(ハッチンズ、フォール報告など)を述べよ。
    ラングランは生涯教育を、「永久教育」と名付け、永久教育が必要となるに至った社会的な理由は、「諸変化の加速」、「人口の増大」、「科学的知識及び技術体系の進歩」、「政治的挑戦」、「情報」、「余暇活動」、「生活モデルや諸人間関係の危機」と述べている。
    次に、教育の目的については5つに集約している。第一に、「あるがままの人間」を育成することである。人間はさまざまな構成要素から成り立っているのだが、現代人にはそれらの構成要素を調和的に育成することは難しいが、全人的発達が重要なのであり、また、人間は特殊的なものと普遍的なものとの両方に属することができ、教育においてこの両面バランス良く配慮しなければならない。第二は「適応性」である。現代は変動の時代であるがゆえ、現代人は、絶えず流動する最新の科学知識に「適応」できるように教育されねばならない。第三に「幸福への教育」が挙げられている。ラングランは「幸福」とは決して他人を力で支配することをいうのではなく、自己自身をコントロールできる自制心を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。