佛教大学科目最終試験対策 美術概論I【S0606】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数297
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    12設題分掲載し、重要箇所だけ端的にまとめて試験対策が容易にできるようにしております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ・「美術教育による教育」という考え方の「芽生え」から「発展」、「確立」に至るまでに関与した3人の主張について論述すること。
    「美術による教育」・「美術、造形を手段とした教育」
              美術や造形活動を媒体として、人間としての「全体的形成」を目的とするもの
    チゼック・・・児童美術の発見により、美術教育に大きな変化をもたらせた
           「子どもたちをして成長せしめよ、発展させ、成熟せしめよ」
            子どもたちの学習場面に当てはめると
            子どもたちをして成長せしめよ=導入
            発展させ          =制作・活動
            成熟せしめよ        =まとめ   となる
    ハーバート・リード・・・第二次世界大戦後の美術教育に大きな役割を果たした
               「芸術を媒体にした教育」という考えを美術教育の歴史上で最もはっきりと示した
                ハーバート・リードは子どもの絵画表現を
               「思考型」「感情型」「感覚型」「直覚型」の四つに分類した
    ローウェンフェルド・・・子どもの創造活動の変化..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。