佛教大学科目最終試験対策 学校教育課程論【S0527】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数256
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    4設題分掲載し、重要箇所だけ端的にまとめて試験対策が容易にできるようにしております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ・新学習指導要領で「基礎基本の確実な定着(つまり基礎学力)」をはかる指導方法にはどんな工夫が要るだろうか。具体的に論じなさい。
    今の生徒は繰り返しの学習をあまりしないために、全ての学習の土台となる「読む・書く・聞く・話す・計算する」などの基礎学力が低下していると言われていて、あらゆる機会を通して基礎学力を高めていくことが課題となっている。そのためには、生徒一人一人の基礎学力の定着を図るための補充や少人数指導(TT指導を含む)・習熟度別指導を積極的に導入していくようにする。個に応じた指導体制については、学校や児童の実態に応じて、学校全体が一体となって推し進めなければならない。学校の人的・物的環境も考慮し、最も効果のある指導方法を考え、学内の共通理解のもと指導にあたることが望ましい。具体的には、授業公開や研究会、会議などを通して、教員相互の意見や理解を図るとともに、学外の専門家や地域、保護者とも連携・協力を求めることによって、指導の効果を高めるよう工夫することが望まれる。また、指導方法については、個別指導やグループ指導の学習形態の工夫や教材や教具の工夫、評価の工夫など、児童の実態や指導場面..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。