佛教大学科目最終試験対策 生徒指導・進路指導の研究(初等)【S0532】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数201
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    5設題分掲載し、重要箇所だけ端的にまとめて試験対策が容易にできるようにしております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ・いじめの構造とその特質についてまとめ、具体的な指導方法を述べよ。
    最近のいじめを一言でいうなら「集団による弱者いじめ」である。つまり、みんなでよってたかってある特定の子どもをいじめる。そしてそれをだれもとめることなく、長期化していってるのである。このことから、いじめ行為が単独で行われているのではなく、はやしたてたりする「観衆」、見て見ぬふりをする「傍観者」の存在もきわめて重要な意味をもっているのである。特に問題となっているのが「傍観者」の存在である。つまり、いじめが長期化するのはだれもとめないからである。一般的な解釈として、いじめをとめることによって自分が標的になるのがこわいからと解釈されているが、調査によると、「おもしろい」「もっとやれ」「すっきりした」「何も思わなかった」という回答も少なからず存在している。このことから直接的な加害者だけではなく、「観衆」、「傍観者」すべてのこどもたちに対して、ただいじめてはいけないというだけではなく、自分がなぜいじめてしまうのか、いじめられる生徒がどれだけ傷つくのかを理解させ、自らいじめはしないという気持ちを持たせることが大事になってくるのである..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。