佛教大学科目最終試験対策 教育心理学【S0105】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数463
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    難関とされる科目です。6設題分掲載し、重要箇所だけ端的にまとめて試験対策が容易にできるようにしております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ・心理学におけるフラストレーションのとらえ方を説明し、その原因・その時の反応・耐性について解説せよ
    心理学では、フラストレーションは「人の行動が目標に向かう過程で、何らかの理由で阻止される時に人の心が陥る状態」と捉えられている。
    欲求不満の原因の具体例として、ローゼンヴァイクは「欠乏」、「喪失」、「葛藤」の三つに分類して説明している。
    これら欠乏、喪失、葛藤の状況は人の内にも外にも存在するが、それぞれが「欲求不満」の原因になる。例えば、内にあるものとしては、その個人の才能や身体的特質、また、価値観や生き方などの態度が挙げられる。そして、外にあるものとしては、環境要因としての人・物・時間などといった物理的条件や、法律・習慣・文化などといった社会的条件が挙げられる。
    次にその時の反応についてであるが、
    直接対象に向かう場合と、間接的に対象に向かう場合があり、口論、イライラ、八つ当たりなどといった表現で示される「攻撃性」
    すでに通過した発達段階で示したのと同じ行動様式を示し、受身的で相手主導の配慮を待つ構えをする「退行性」
    攻撃も退行もできずに自分の殻に閉じこもり、ステレオタイプの行動になっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。