佛教大学科目最終試験対策 学校教育職入門【S0525】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数136
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    6設題分掲載し、重要箇所だけ端的にまとめて試験対策が容易にできるようにしております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ・教科指導と教科外指導とは何か、それぞれを具体的にまとめ、その両者の関係はどうあるべきかについて述べよ。
    学校の教育活動には、教科指導と教科外指導の2つがある。教科指導は学力の育成を目標とし、教科外指導は徳性の育成を目標としている。
    教科指導には系統学習の指導法と問題解決学習の指導法の二つがあり、系統学習の指導法の問題点は生徒にとって受動的な学習となってしまうことであり、その点では問題解決学習の指導法は生徒主体であるのだが、問題解決学習の指導法は生徒の経験の範囲でしか学習ができないという問題点もある。つまり、両者の長所を生かした指導法が目指されるべきである。また、教科指導は指導計画や教材、生徒の目標が達成されたかの評価も重要になってくる。
    次に、教科外指導についてであるが、特別活動や生徒指導のことを指し、教科外指導によって、児童は協調性・社会性などを学び、教師は子供たちの新しい一面を発見するのである。
    この教科指導と教科外指導の関係は常にバランスを保たなければならない。つまり、教師は教科指導と教科外指導の両方に力を注がなければならないのである。
    ・教師をとらえる視点として、教師聖職者論..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。