佛教大学レポート 教育相談の研究【S0534】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数148
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     学校カウンセリングの意義、方法および今後の理解について述べなさい。
    学校カウンセリングとは単に「学校で行われるカウンセリング」という捉え方をするのではなく、もっと奥の深い、カウンセリングの枠を越える新しい世界がそこには広がっていると考えられる。そして今社会問題になっている不登校も、そのような子供たちにかかわって援助するには、すぐに教育の枠にのせようとする以前に、まずその教育の枠にのれるような心の状態を育み育てていくといった、クライエントである生徒と、カウンセラーである先生の、心と心のコミュニケーションを図っていくことが基本的な姿勢と思われる。そうでなければ、先生と生徒の心の溝は深まり、不登校の解決であるどころか、ますます事態を悪化させてしまうばかりである。その様な時に、カウンセリングの理論や方法というものがかなり有効となるのである。学校カウンセリングを発展させるきっかけになったのは、平成七年度からスタートした文部省のスクールカウンセラー事業であり、教師が行うカウンセリングを教師カウンセリングとし、スクールカウンセラーの行うカウンセリングをスクールカウンセリングとし、比較検討することで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。