佛教大学レポート 教育言論【S0101】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数107
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ。
    ロックの認識論によれば、我々の心はいわば白紙(タブラ・ラーサ)として生得観念を有していない。観念の起源はあくまでも経験であり、我々の側にあるのはせいぜいそれらを認識し、加工する能力だけである。そして、観念の起源は外的な感覚(sensation)と内的な感覚(reflection)とに区分される。さらに、経験から得られたこれ以上分解できない「単純観念」からは「複雑観念」(様態・実態・関係)が複数の原子の結合から分子が作られるかのように形成され、我々の知識とは経験から得られた諸観念の結合と一致・不一致と背反であるとされた。このことからロックは子どもの教育はまず感覚的訓練から始めるよう主張する。子どもは生まれた時はまだ何の観念も持っていない、言ってみればまったく文字を欠いた白紙の状態である。その真っ白な心の中に感覚を通してさまざまな知識や観念が入ってくるのである。そして我々はその知識と観念を記憶し、一つ一つの名前を教わる。このような過程を経て、一つ一つの知識や観念が心の中に植えつけられる。ロックは生得的な性質を重視せ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。