佛教大学レポート 介護等体験研究【Z1802】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数107
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許の取得のために必要なのかを論述しなさい。
    介護等体験は「個人の尊厳と社会連帯の理念」を深めることを目指して
    行われる。その為、介護等体験が障害のある児童生徒の理解に役立たせ、
    お互いの違いを認め合い、尊重し、共に生きる理念を深めるための経験
    にならなければならない。個人を尊重し社会連帯の意識を深めることも
    充実した体験によるものである。
    また、介護等体験の狙いとして
    ・生活、価値観の多様性への気づきを深める
    ・対人関係、対人援助の基本的視点を学ぶ
    ・人権感覚を磨く
    ・の3点が挙げられるが、これらの狙いはすべて小学生、中学生の生徒
    を相手にするという立場の教師には必要不可欠な要素である。最近特に
    問題となっているいじめや不登校も、担任の教師が上記のような要素を
    持ち合わせていないことが原因の一つであると思われる。なぜなら教師
    が生徒一人一人に対して教育相談を行う場合、最も重要なのは「相手のことを理解しようとする姿勢」であり、そうすれば必ず生徒の心に響くからである。このことから単に教員免許取得のために介護等体験を行うのではなく、これからの自分自身の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。