佛教大学レポート 教育言論【S0101】第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数116
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ペスタロッチ―の教育学(直観の原理など)について考察せよ。
    ペスタロッチ―の教育学の主となる直観の原理についてであるが、主に三つの根本的要素から成り立っている。その三つの要素とは
    如何に多くの、また幾種類の対象が、その眼前に漂っているか(=数)
    どんなに見えるか、その形と、その輪郭は何か(=形)
    どんなにそれらは呼ばれるか。如何にして子どもは、その各々を、一つ一つの音により、語によって再現することができるかの三つである
    あらゆる事物はこの三つの要素を有しているがゆえに、子どもの教育においてこの三要素(「数」、「形」、「語」)から始めなければいけない。
    まず一つ目の「数」の教授についてであるが、足し算、掛け算、引き算すべてにおいて、単純化された要素から次第に複雑な計算へと主張されている。この場合において重要となってくるのは単なる記憶作業ではなく、理性的訓練によって行われるべきであり、一つ一つの数字を確実に感覚的に把握し、その上で理性的に算術を行う訓練をすることが求められているのである。
    二つ目の「形」の教授についてであるが、まず、事物を直観することから始めるべきで、輪郭によって異なる事物..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。