佛教大学レポート 教育社会学【S0106】第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数116
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
    学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」という意味である。学歴社会に対しては、古くからさまざまな批判がなされてきた。例えば、就職・昇進や結婚と関係した大学間格差の存在や、学歴による差別に対する批判はその代表的なものである。しかし、このような批判は本当に正しいものであるのか?まるで「実力社会・能力社会」にとって邪魔者扱いをされている感があるが、むしろそれを実現する手段のひとつとみるべきである。例えば、アメリカ合衆国など欧米社会などにしても、「実力社会・能力社会」のイメージが強いが、そればかりではなく、例えば過去の実績が評価される等のいわば「職業経歴社会・履歴書社会」の状況も強い。それが日本の場合、「学歴」であるに過ぎないともいえるのである。
    なぜなら、人の実力・能力を的確に判断するのは非常に難しく、経歴や履歴をもとに参考にしていく流れはごく自然な流れだと思われる。
    次に、学歴がどのように評価されるのかを、5つのパターンに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。